読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの広告営業 mtakanoの日記

はてなビジネス開発本部 営業部 部長の高野です

代理店から媒体に来て三年

昨日3月1日で、はてなに営業として入社して3年が経ちました。

一昨年、昨年も、振り返りの意味をこめてこのようなエントリーを書いていました。

 

代理店から媒体に来て一年 - はてなの広告営業 mtakanoの日記

代理店から媒体に来て二年 - はてなの広告営業 mtakanoの日記

 

 

昨年大きく変わったのは「記事広告が売れ筋商材になった」「営業部の人数が増えた」でした。そして当時立てた目標は、新しい売れる広告メニューを作ることでした。

 

ではこの一年どうだったのかを振り返っていくと、まず変わったのは

  • 営業部がとてもいいチームになった
  • 面白い広告ができた

ことでした。

 

 

はてなの営業部

 

とてもいいチームになりました。チームのみんながそれぞれの特性を活かしてお金を稼いでくれています。そういえば僕はマネージャーだったのですが、マネジメントする必要がないので困りますね。

面白い広告が出来た

 

タイアップの中でも、記事広告は売れ筋商品になってきていたのですが「ずっとそればっかり売っていてもスケールしないしなあ」というのが悩みでした。そんな中で実施したライフネット生命さんのはてなセリフタイアップは、コンテンツを作ることが好きなはてなユーザーによってBUZZが起きていくという、とてもはてならしく、面白みのある広告ができたと思います。

ライフネット生命 出口社長におもしろいセリフを言わせよう!

このタイアップは自体、NAVERまとめに多々登場したり、ライフネット生命さんの様々なインタビューに登場したり、

 

f:id:mtakano:20130218170732j:plain


ダボス会議で世界デビューしたりと、ユーザーにもライフネット生命さんにも好評で嬉しい限りです。

 

さくらインターネットさんと、北海道の石狩にあるデータセンターにユーザーを連れて行くツアーを実施しました。

石狩DCツアー運営の裏側 - はてなの広告営業 mtakanoの日記

正確には広告企画とも呼びづらく、しかも本企画・運営はさくらインターネットさんなので、「面白い広告ができた!」とは言いがたいのですが、非常に盛り上がりました。ユーザーを集めてツアーを組むという可能性を見つけた気がします。

 

その他、今年も多くの記事広告を実施しました。

PR - はてなブックマークニュース

記事広告については、安定してお問い合わせをもらえるようになってきました。だんだんと、「はてなで良いコンテンツを作って欲しい」というご依頼も増えてきました。

その他にも、ここには記載しませんが、いくつか新たな広告もチャレンジしてみました。

 

反省点


新たなチャレンジを続けた一方で、継続的に売れる広告メニューが出来ませんでした。

実ははてなセリフタイアップは「画像をプロモーションできるすげえメニューが出来た!」と興奮していたのですが、他のお客様とご一緒できる機会はありませんでした。

「上の人に理解してもらえなかった」という理由が多かったです。そうですよね。。。
その他、「画像にテキストを書き込まれると困ったことになる」という理由もありました。そうですよね。。。
あと「社長にコスプレさせられません」という意見もありました。それはしなくていいですよ。。。

 


例えば映画って、タイトルは聞くけどイメージが紐付いていないことがあって、そういう時に「このメニューを使えば、映画のジャンルも登場人物も雰囲気も分かる画像が拡散していくではないか!これは売れる!」と思っていました。が、俳優の画像にテキスト書かれたら困っちゃいますよね。肖像権やら何やら。なぜ僕は事前に想定できなかったのでしょうか。。。

 

その他、提案する上でとても難しかったのは、文脈が成立しづらい、ということがありました。プロモーションしたい画像があったとして、それにセリフを書き込みたくなるかというとそうでもなく、書いてもらう理由が必要です。例えば「新しいマスコットキャラクターができたのでセリフを書きこんで下さい!」というコンテンツがあったとして、僕が書くかといえば、多分書かないです。

どういう文脈でその画像が登場すれば、ユーザーが楽しんで参加できるものになるのか、悩ましかったです。

 

 

次の1年の目標

 

  • 継続的に売れる広告メニューを作る
  • 問い合わせ数を増やす

の2つです。

継続的に売れるメニューについてはいくつかテスト中で、感触を掴んでいるものもあります。それらをしっかりと育てつつ、さらに新たなメニューを模索していかなければなりません。
また、「はてなで広告をやってみたい」という問い合わせをもっと増やさなければなりません。ライフネット生命さんの件の後は問い合わせも増えましたし、面白いキャンペーンを実施するというのも1つです。

ですが、まだまだ「はてなって広告やってたんだ」「はてなって営業いたんだ」と言われてばかりの日々です。はてながどんな風にプロモーションのお手伝いができるのか、もっと伝えていく必要があります。

 

あとは、NHNさんやDPZさんと組んでセミナーをやりますが、今年は媒体同士で連携していく方法も探りたいと思っています。

はてな×NHN Japan×ニフティ・デイリーポータルZの共同で、「コンテンツマーケティング・セミナー」を開催します(参加費無料) - はてな広報ブログ

 


それではまた来年。